フライヤー印刷方法

印刷機

デザインの注意

入稿期間に気をつける必要があります。余白を持ってデザインするようにしましょう。ネットのフライヤー印刷の場合、毎回違う工場に発注して印刷を行います。そして、試し刷りを確認した後に実際に発注することで、満足のいくフライヤー印刷ができます。フライヤーを印刷するときは、十分な納期を確保することが大切です。1つは、色の種類のこと。輪転機で印刷する場合、もともとのある紙のサイズで印刷するのではなく、非常に大きな紙にプリクラのように複数枚印刷してからカットするという方法がとられます。インターネットでフライヤー印刷を行う場合は、毎回印刷工場が変わる可能性があるということに注意しましょう。これは、スーパーのフライヤーや、学園祭の屋台のフライヤー、小学校のお便りや折り込み広告など、情報を伝達する目的だけに使って、いちど使った後は捨ててしまっても構わないようなフライヤーを印刷する際に適しています。また、ポスティングや新聞への折り込み広告など、周辺サービスが充実しているかどうかが重要という可能性もあります。ですから、格安でフライヤー印刷を行いたいのであれば、余裕を持ったスケジュールで行うことが大切です。それは、短い納期での入稿を行わないようにするということです。このため、メルマガなどは、読みもしないうちに削除されてしまうことが多いようです。フライヤー印刷にはA4のものも一般的ですが、非常に小さなサイズから、ポスターのような大きなサイズまであります。