納期に注意

印刷機

フライヤー印刷の注意点とは

十分な余裕を持って納期を確保し、デザインしたものを一旦印刷会社に送ってから、色の確認をするための試し刷りを求めましょう。そのため、1枚のデザインで、なるべく多くの枚数を印刷することが重要です。皆さんは、インターネットでフライヤー印刷を行った時に仕上がりが希望したものとずれてしまったという経験はありませんか?注意すべき点は2つあります。一般的な印刷機の縁取りと輪転機での縁取りは異なる可能性があります。納期に余裕を持って入稿し、フライヤー印刷を行うのが当然のことですが、どうしてもデザインの変更がギリギリになってしまったりして納期が短くなってしまった場合は、サービスを利用する必要があります。では、格安のフライヤー印刷が便利に使える場合は、どのような時でしょうか。十分なサポート体制があるフライヤー印刷業者では、デザインの相談ができたり、納期の相談ができたりします。いくら格安のフライヤー印刷であるとは言え、納期が短くなればなるほど、印刷会社の人の負担が増え、値段が上がってしまいます。格安でフライヤー印刷を行う際、注意することがあります。重要なメールに挟まってやってくるメルマガなどは、嫌悪の対象となることもあるようです。まず、印刷するときに考えなければいけないのは、どのようなサイズで印刷するかということです。これはフライヤー印刷の性質によって選ぶことをお勧めします。一般的な印刷会社では何度も見積もりを重ねるため、自分が思っていたデザインとはずれてしまった際に気づく回数が多くなります。