スケジュールに注意

印刷機

納期に余裕を持つ

スケジュールに余裕があれば、ネットの印刷仲介会社の人は、一般的な印刷会社の工場の中でも、最もコストの低い工場に発注してくれます。格安の納期で印刷していけば、このような時に間に合わなくなってしまいます。しかし、短すぎる納期の場合、印刷工場に空きがあるとは限りません。これを避けるためには、十分な余裕を持ってフライヤー印刷を行いましょう。インターネットのフライヤー印刷は、2日での入稿や3日での入稿など、極めて短い納期でフライヤーを完成させることができる業者が多いようです。これらもデザインをする上では基本的なところですが、多くの情報載せたいあまりに詰め込みすぎてしまい、縁取りのところまで文字を書いてしまい、裁断されて困るという人がいるようです。ですから、ちょっとした輪転機の癖などが、印刷の仕上がりの違いとして反映される可能性があります。インターネットでフライヤー印刷を行う場合は、入稿形式に気をつけましょう。これは、値段を安く済ませ、クオリティーを高く保ち、自分が求めたデザインのフライヤーを作るために重要なことです。もう一つは、縁取りのことです。そのため、縁ギリギリまで印刷している、カットする際に切れてしまう可能性があるのです。また、フライヤー印刷の価格の交渉等はネットの会社を使う場合は難しいことが多いようです。このようなフライヤーは、クオリティーを高くして、無理にきれいにしても、将来的には捨てられてしまいますから、もったいないのです。フライヤー印刷は難しいというイメージを持っている方が多いかもしれません。